IDEA海外版について

IDEA v2は日本の産業活動をモデリングしたLCAデータベースですが、アダプテーション(Adaptation)という手法を用いることで、日本のLCAデータベースを元に、海外の特定国のLCAデータベースを開発することができます。具体的には、電力ミックス、燃料構成、エネルギー効率といったエネルギーに関する情報を日本の状況から当該国へ置換することで、その国のLCAデータベースを作成します。単位プロセスは日本のLCI(Life Cycle Inventory)を用いていますが、そのプロセスに投入されるエネルギーについては対象国の事情に合致するように調整して、仮想的にはその国の生産プロセスをモデリングします。現在アジア地域を中心とした12ヵ国分が開発されていますが、対象国については順次拡大される予定です。

idea_outline